医師 転職サービス 比較

医師転職ドットコム(メディウェル)

医師転職ドットコムさんへ登録する大きなメリットは非公開求人の数にあります。

医師転職ドットコムさんの公式でも説明されていますが、医師の求人は病院の評判にも影響するため求人広告を出す際に院名を公開しにくいのが特徴で、院名公開求人30%に対して、非公開求人が70%という特殊な背景があります。
 このような背景で転職する際に医師転職ドットコムさんが有利な点は非公開求人のデータを約4万件持っている点です。
医療系の求人情報が表に出ない原因はいろいろ考えられますが、医師転職ドットコムへ登録してわかった理由は以下でした。
■募集内容を院内のスタッフに知られたくない
いい待遇や条件を出してしまうと不平不満がでてしまうのを避けたいのです。
■経営に影響する
関連する大学医局に知られることのないよう、水面下で採用活動をしたいという考えや、ライバル他社に知られると競争力に影響がでることを恐れる医院がおおいため。
その他のメリットととしては、札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の全国6拠点でサービスを提供していてコンサルタントが日々足で情報収集している生の求人情報をネットワーク化している点です。
また、医師転職ドットコムさんはプライバシーマークを取得しており、会員情報は厳守されているので、周囲に転職活動を一切知られることもありませんでした。

【JMC】日本メディカルコネクション

医師に人気がある求人を狙って開拓している点がポイント。登録しているドクター方には、回転が早く人気のある求人の情報を優先的に配信してくれます。

エージェントも他の紹介会社と比較し、経験豊富な印象を受けました。

医師を担当するエージェントによって、事前に得られる情報や交渉の結果、条件等に大きな差が出てしまうのですが、そのあたりの立ち振る舞いから察して、なかなかの経験を持ったエージェントと判断しました。

医療機関とのコネクションも強いようで、求人票からは得ることができない医療機関固有の情報も多く持っている点も魅力のひとつです。

エージェントについては医師転職ドットコムさんのコンサルタントも同格のサービスが提供できるので、特に大きな差では無いのですが、【JMC】日本メディカルコネクション
の非公開求人データと医師転職ドットコムさんの非公開求人のデータ元が違いますので両社共に登録して、情報を得るほうがよりマッチングした結果につながります。

もうひとつ【JMC】日本メディカルコネクションさんを利用するメリットをあげます。

実は本リンクから飛べる【JMC】日本メディカルコネクションさんの公式サイトでは、ご自身の経験と、数千件の求人データを元に、適正年収を調べることができます。そのデータから希望した条件の求人を探せる点などは利用価値が高いといえます。もちろんデータ以上の年収アップ交渉についても応じてもらえるので、そちらもメリットです。

ユリシーズ

ユリシーズのサービスでは、偏りがちな医師転職の要望だけでなく、病院および大学病院、その他医療施設側の要望を吸収し会員の希望に沿った人材を紹介するとで有名です。医師の転職

ユリシーズでは、ユーザー登録した会員の技術・実績・人物像などを把握するために面接を行って情報を管理するシステムを採用しています。

会員登録サイト内で公開されている求人情報をはじめ、登録後も定期的に求人情報を紹介してくれるサービスや転職完了後のアフターフォローに至るまで、無料で利用できる点も評価できます。

通常の紹介サービスのだと、特定の取引先の求人情報のみが定期的に更新されていることがほとんどですが、ユリシーズ会員の要望を把握し、条件に合った募集をオーダーメイドで探し出し連絡してもらえる点も高評価です。

ユリシーズさんはキャリアアップまたはキャリアを積み重ねたい方の転職に特にお勧めです。

Dr.転職なび 医師の転職情報サイト

Dr.転職なびさんの一番のメリットは全国9か所の拠点と医療機関をオンラインでつなぐプラットフォームを整備しており、各医療施設の採用担当の方々と事業所のスタッフの協力体制もしっかりしている点です。

【勤務エリア】

北海道・東北 中部 関東 近畿 中国・四国 九州・沖縄

求人情報の更新も毎日行っていて、全国どこにいても、最新の情報を入手できます。

Dr.転職なびには医療経営士の有資格者が、担当し提案医療機関との交渉をおこなってくれます。きめ細やかなサービスでミスマッチをなくすために努力されているのが伝わってきました。